ツボの達人 たった20のツボで健康も治療も自在!

「ツボにはまる」「ツボを押さえる」…ツボにまつわる言葉は多い。なぜならツボには「ここぞという重要なところ」という意味があるから。ツボは急所でもある。心身の異変がいち早くあらわれるのがツボだ。そして身体中の気を簡単に調整できるのも、ツボ。ツボは身体各所につながっているからだ。だからツボを押さえれば、治未病、元気回復、健康増進になる。自分でケアできるのがツボのいいところ。千以上あるといわれるツボのうち、本当に使える二十〜三十のツボを厳選。このツボのツボをぐっと押さえて!

※本書は、カルナ230号(06-09)掲載記事をデジタル化したものです。

300円

\Amazonで購読/


スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

目次
閉じる