神智学をめぐる人々 The Secret of Theosophy

世界のスピリチュアル・シーンに多大な影響を与えた神智学とは?

発明家エジソン、非暴力でインドを独立に導いたガンジー、英国の詩人イエーツ、相対性原理のアインシュタインなど、世界のさまざまな分野の人々に影響を与えた「神智学(Theosophy)」。その創始者であるマダム・ブラヴァツキーは、いわれなき誹謗中傷を浴びながらも、ヒマラヤの大師たちの霊的支援の下、宇宙の真理を『シークレット・ドクトリン』等に著した。ロシア貴族の家に生まれ育ちながら、上流階級の女性としての幸せを捨て、常人を超人に生まれ変わらせる「賢者の石」を求める道を選んだマダム・ブラヴァツキー。彼女をはじめ、マダムの右腕オルコット大佐、後継者となったアニー・ベサント、その右腕リードビーター、シネット、そしてリードビーターによって見いだされた救世主クリシュナムルティ、後に人智学を唱え、日本でもその教育法が注目を集めたルドルフ・シュタイナーなど、神智学をめぐる人々をわかりやすく描く。

※本書は、雑誌の記事からFixedLayout(固定レイアウト)として制作しておりますので、端末ディスプレーの大きさや視力によっては拡大縮小しながらお読みいただくことになりますので、あらかじめご了承ください。事前に無料サンプルでご確認のうえご購入願います。

320円

\Amazonで購読/

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

目次
閉じる