不食 どこまで人は食べずに生きられるか

食べずに生きることは可能か

食べずに生きる――そんなことが可能なのだろうか? だが、そういう人たちは少なからず実在するらしい。食べ物も水もまったく口にしない人、水分だけしか摂らない人、わずかな食事のみで生きる人。彼らはなぜ「食べない」という生き方を選択したのか。食べないでいると身体や心はどうなるのか。そもそも本当に人は食べずに生きられるのか。
全22ページ。

※本書は、FixedLayout(フィックス版)であり、端末ディスプレーの大きさ、性能、読み手の視力によっては拡大縮小しながらお読みいただくことになりますので、あらかじめご了承ください。購入前に必ず、無料サンプル(全体の10%)でご確認ください。

250円

\Amazonで購読/

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

目次
閉じる